新人井上による勉強の成果10(壁材について)

こんにちは、スタッフの井上です。
今回は、「 壁材 」について話していこうと思います。
壁材にはいろいろな種類があるので今回は、
その中から3つ紹介していこうと思います。

1つ目は、「ビニールクロス」です。
現在の住宅で最も一般的に使用されているものです。
色やデザインのバリエーションが豊富、施工しやすく耐久性も
そこそこあり、価格も安いものから高いものまで幅広くあるので
最も使用されることが多いようです。

素材自体がビニールのため通気性がなく適切な換気を行わないと
カビや結露の原因になってしまったりすること、施工時に
化学物質を使用した糊を使用することなどがデメリットになります。

limit_500x_d9fad965-cae8-4ca1-b8f9-0e601fc99746.jpg

2つ目は、「 塗壁 」です。
塗壁の中にも種類があり「珪藻土」「漆喰」などがあります。
それぞれ種類によって効果や特徴が変わってくるのですが
今回は「珪藻土」の方を紹介していこうと思います。

珪藻土とは簡単に言うと藻類の化石を粉末状にして壁材にしたものの事です。
珪藻土には無数の穴が開いていてそこに湿気を貯めたり出したりするので
高い調湿効果、消臭効果が期待でき、部屋を快適な湿度にしてくれます。

デメリットは、塗壁なので強い衝撃を与えると、壁がポロポロ落ちて
しまう可能性があること、水汚れがついてしまったときに汚れも
吸い込んでしまうことなどです。

a6bd12f4413fab21a92e2f84ff52e805_t.jpg

3つ目は、「 木材 」です。
壁材に使用される木材は「無垢材」と「合板」があります。
高級感を出したいなら無垢材、ナチュラルな雰囲気にするなら合板が、おすすめです。
見た目はもちろん、調質効果や木の香りといった特徴からも
個人的に無垢材の方がおすすめです。
メリットは他の壁材に比べてナチュラルな雰囲気に仕上げることが
できること。
ただ、使用しすぎるとログハウス感が出てしまうので適切な量の使用を!
調質性、保温性があること。年数が経つにつれて風合いが変化するので
それを楽しめることなどがメリットになります。

デメリットは、湿気を吸い過ぎると割れてしまったり、反ってしまったりしやすいため
定期的なメンテナンスが必要になってしまうことなどです。

publicdomainq-0048086tyq.jpg

今回は壁材について三種類あげてお話しました。
次回も引き続き壁材についてお話ししようと思います。

お問い合わせはコチラ

【キッチン】人工大理石VSステンレス

こんにちは!池見です!

キッチン選びで最初に悩まれるのがワークトップ!
人工大理石 VS ステンレス
この2つで悩まれる方は多いのではないでしょうか?
人工大理石とステンレスのメリットデメリットを比較してみました!

images.jpg【人工大理石】
~メリット~
・デザイン性があり、インテリアになじみやすい
・水垢が目立ちにくい
・継ぎ目がなくお手入れしやすい(シンクも人工大理石にした場合)
~デメリット~
・熱や液体のシミで変色を起こす
・傷がつきやすい
・固くて重い物を上から落とすと天板が割れる事がある

特にホワイトの場合はシミや変色が目立ちます。気になる方はベージュやグレーなどの色をおすすめします。

download.jpg【ステンレス】
~メリット~
・熱、汚れに強い
・臭いが付きにくく衛生的
・害虫が嫌う素材
~デメリット~
・無機質な雰囲気
・もらい錆が付く事がある
・水垢が目立ちやすい

価格も安く、メリット面が目立つステンレス!!
ですが個人的には人工大理石が好きです。。。


何と言っても見た目が可愛い!
そしてキッチンが明るく見えます!
完全に好みで分かれますが、悩んだ時はステンレスをお勧めしています。

注文住宅、規格住宅、分譲、建売住宅

おはようございます。
佐藤です。

今回は、
"聞いたことがあるけど、違いがよくわかない"
という言葉を聞いたので、
注文住宅
規格住宅
分譲住宅
建売住宅
についてとりあげます。

まず、"うち、家を建てたんよ~!!"
と言えるのは
注文住宅と規格住宅
のみになります!!(ちょっと誇張しすぎですが...)

それに対して、
分譲住宅、建売住宅は
"うち、家を買ったんよ~!!"
になります。

注文住宅と規格住宅は土地に何も無い状態から
工事請負契約により、家を建てることになります。
それに対して
分譲住宅、建売住宅は、
もうすでに出来上がった建物と土地が
セットで不動産の売買契約によって買うものです。

注文住宅と規格住宅は、何もない土地に家を建てていくもので、
分譲住宅と建売住宅は、すでにできている家を買うものです。

先に、注文住宅と規格住宅について取り上げます。
注文住宅は、間取り、仕上げなどを建築主様の希望に沿って
設計、建築をしていきます。
時間がかかりますが、一番希望に近い家が出来上がります。
弊社の新築住宅はすべて注文住宅になります!!
(今のところ)

それに対して、
規格住宅は、決まった間取り、プランから選んで
(この時点で図面はほぼ決まってる)建築します。
規格住宅は設計、打ち合わせ時間がいらない、もしくは
少なくて済むので注文住宅に比べて少し割安になります。
いくつかのプランの中からあるもので納得していただければ、
こちらで十分になります。

次に分譲住宅と建売住宅です。
そもそももう出来上がっているということで、
分譲住宅も建売住宅です。
分譲地に建てられている建売住宅なので、分譲住宅です。
手間をかけず、目で体感できる実物をすぐに購入できるのが建売です。
ただし、すでに出来上がった家なので
どちらも、間取りの変更、仕様の変更等はできません。
また、住宅会社もせっかく建てたのに売れなければ大損害です。
そのため、売れやすように価格を下げた万人受けしそうな仕様になります。
水回り設備が一番安いものだったり、住宅の面積が狭かったりします。
比較的に簡単に買えてしまうため、
住みだしてから後悔する声をよく聞きます。

高価な買い物だけに、満足できる家を探しましょう!!

modelgaikan.jpg

お問い合わせはコチラ

新人井上による勉強の成果9(窓について)

こんにちは。スタッフの井上です。
今回は、前回に引き続いて「 窓 」について話していこうと思います

まずは、横滑り出し窓についてです。
窓の下部を外側に滑り出して開閉する窓になります。
トイレや浴室、洗面など狭くて湿気が溜まりやすいところで
使用されることが多いです。
窓の開閉の角度調節が容易なこと、サッシ周りの気密性が
確保しやすいこと、降雨の際に窓が開いていたとしても室内に
雨が入りにくいことがメリットになります。
窓を外側に滑り出す形になるので、窓の大きさ分のスペースを
確保しなければならないこと。
窓をあまり大きく作ることができないこと、引き違い窓に比べて
コストが高いのがデメリットになります。

I044_213TA.png

次に掃き出し窓について
床から天井付近まである大きな窓のことで、ほうき等で掃除のときに
室内から外に掃き出すことから、掃き出し窓と呼ばれています。
庭やベランダに面した場所に取り付けられ、人が直接出入り出来るのが
特徴です。
窓の形状としては、引き違い窓にするか、人が出入りする部分だけ
開き戸にして残りをFIX窓(開閉できない)にすることが一般的に
なっています。
窓から出入りができること、大きな窓なので採光性や通気性が
いいこと、開放感ができ、部屋を大きく見せることができることが
メリットになります。
部屋の中が丸見えになることがあるので、プライバシー対策が必要なこと
カーテンやブライドが必要な範囲が大きくなるので他の窓よりもコストが
かかってしまうことなどがデメリットになります。

24-5-1.jpg

最後にFIX窓についてです。
FIX窓は、別名で「はめ殺し窓や」や「固定窓」と呼ばれます。
この窓の最大の特徴は開閉することができないことです。
採光や眺望などのために設置する物なので換気や通風目的では
使用できません。四角以外にも丸や三角の形もあるので
家のデザイン目的で取り入れられます。

2014-328-1.jpg

前回に引き続いて窓についてお話ししました。
6種類ほど抜粋してあげたのですが他にもいろいろな種類があるので
機会があればまたお話しできればなと思います。

お問い合わせはコチラ

建築屋さとうの断熱材

こんにちは!スタッフの池見です。
建築屋さとうの断熱材についてご紹介!!


一般的な断熱材は『グラスウールを』使用している所が多いですが
建築屋さとうのチャオ&ロッキーでは吹付断熱材『フォームライトSL』を使用しています。


dannetsu.jpg
【フォームライトSLの特性】
☆高気密高断熱
☆経年変化が少ない
☆ノンフロンノン・ホルムアルデヒド


◆結露・シロアリ予防◆
住宅にとっても、住む人にとっても結露は大敵、健康被害に結びつきます。
アレルギーの一因とされる「ダニ・カビ」また住宅の最大の敵である「シロアリ」
これらの発生を未然に防止するには結露対策が最も効果的です。
フォームライトSLは細かな隙間にも入り込み発泡、密着しますので、断熱の欠損がなく温度差を無くすことで結露を防ぎます。
そして、その高度な断熱・気密化は結露を防止し、建物そのものの耐久性を向上する上に、その連続気泡構造は木の呼吸を止めることがなく、構造材にとても優しい断熱材といえます。

◆ノンホルムアルデヒド◆
ホルムアルデヒドなどによるシックハウス(健康被害)も心配ありません。
シックハウスなどの原因とされる有害物質ホルムアルデヒドを発生させないだけでなく、厚生労働省のガイドラインに定められたVOC(揮発性化学物質)も検出されていません。また、水を発泡態として使用するため環境に悪影響を与えるフロンガスを一切使いません。
フォームライトSLは、地球環境に優しいだけでなく、暮らす人、施工する人にも優しい断熱材です。

◆他の断熱材との違い◆
フォームライトSLは、現場で吹き付け施工するノンフロンの硬質ウレタンフォームで、対象物に吹き付けられると瞬時に反応を開始して数秒で約100倍に発泡し、隙間にキッチリ塞ぐと同時に構造材に接着をする今までにない断熱材です。
グラスウールなど従来の断熱材と違い、施工部分に合わせてカットしてはめ込むだけではないので、細かい部分の隙間が出来ません。このため断熱だけでなく気密性も優れています。

◆自己消化性◆
フォームライトSLは燃えにくく、延焼の心配もありません。
難燃処理が施されているのフォームライトSLは自己消化性を持っています。
そのため、火を当て続けないかぎり延焼することはありません。
また燃焼時に怖いのが有毒ガスの発生ですが、マウスを使った
ガス有毒性試験(実際の燃焼ガスをマウスに吸わせて有毒性をテスト)にも合格。
安全な断熱材といえます。


まさにいいこと尽くしの断熱材!
標準仕様の料金価格込みにてご提供しています(^^♪


《チャオ・ロッキー標準仕様》
※リアンの標準仕様はグラスウールとなっております。

大分市の土地の価格

おはようございます。
佐藤です。久しぶりの投稿です。

今回は大分市の土地の価格についてお話したいと思います。
tochi.jpg

これは大分市の今年の公示地価を価格帯で色分けしたものです。
黄色 30万円/坪 以上
赤  20~30万/坪
緑  15~20万/坪
青  10~15万/坪
ピンク10万円/坪 以下

おおよそ、大分市の中心部(坪30万以上)から
徐々に価格が下がっていっているとみて取れます。
大分には、山、高台があってすべてが平野というわけでは
ないので、価格の低下にだいぶ歪みがありますが...

あと、私の感覚よりちょっと安いな...と思います。
現在取引されている土地価格は、もう少し(だいぶ?)高いな
と感じてます。
弊社のある大分市東部では、青のポイントが多いですが、
実感として、最低でも坪20万円くらい~かなと思います。
土地を求めている人が多くて、過熱感を感じます。
(感覚的な話ですみません)
通常、家を建てるのに
40~60坪くらいの広さがいるので、
坪20万円だと
800万から1200万円は、土地代として必要になってきます。
坪30万円件内だと
1200~1800万円
また、狙った広さの土地はなかなかないので
さらに広い土地になったりすると、価格は上がってきます。

家が欲しい人は、"どこどこに住みたい!!"
とかから入る人が多いですが、
土地にお金をかけすぎてしまうと
大事な家にお金をかけることができなくなってしまいます。
場所はどこでもいいとは言いませんが、
家と土地にそれぞれバランスよくお金をかけていきましょう!!

お問い合わせはコチラ

新人井上による勉強の成果8(窓について)

こんにちは。スタッフの井上です。
今回は、どんな窓があるのか紹介していきたいと思います。

一つ目は、引違い窓です。
一般的な窓で住宅などで多く使用されているのがこの引き違い戸です。
窓周りのデザインの自由度が高く横にスライドして開閉を行うので
誰でも扱いやすいのが特徴です。
流通量がおおいので、コストを抑えることができるのもメリットです。
窓が半分しか開かないこと、掃除がしにくいなどがデメリットになっています。

写真 2020-11-29 14 08 31.jpg

二つ目は。縦すべり出し窓です。
外に窓を押し出すような構造なのが縦すべり出し窓です。
最大90度まで開くものもあるので外からの風を取り込みやすく
外側の窓の掃除がしやすいです。
また、曇りガラスなどと組み合わせると家の中を見にくくできるので
プライベートの確保もしっかりできます。
規格品なのであまり大きな窓にすることができないことなどがデメリットになります。

img_0.jpg

三つ目は、上げ下げ窓です。
2枚の戸を上下にスライドさせて開閉タイプの窓です。
2枚とも可動タイプと、片方だけ動かすタイプがあります。
2枚とも可動のタイプは、通気性に優れます。
外部からの侵入が難しい構造なので、防犯性に優れます。
その反面、少し開閉しにくい作りでもあります。
また、構造上、重力を受けるので窓の重量を考慮しないと
いけません。

f5e50d99e44471c5ec5096732ccd78ea.jpg

他にも何種類もあるのですが、今回はよく使われている物を抜粋して
紹介させていただきました。
少しでも、参考になれば幸いです。

お問い合わせはコチラ

フィラメントLED電球

初めまして!8月中旬より「建築屋さとう」に新しく仲間入りしましたスタッフの池見です!
家具や照明などが好きで、可愛いもの見つけるとついつい欲しくなってしまいます、、
可愛いインテリアは見てるだけでわくわくしますよね♪

最近はダイニングの照明を気分転換に変えてみました!


firament.jpg
電球はフィラメントLED電球を6個つけました。
優しいオレンジの光が、カフェの様な雰囲気を演出してくれお気に入りです。

フィラメント電球って色んな形があるんですね!
フィラメント電球ってそもそも何なのか気になり、少し調べてみました!

a8f6c32e9b6dc0ea6e486051d5f5500f_w.jpg

フィラメントとは、電球・真空管などの内部にあり、電流を流して熱電子を放出する、細い線。
美しく優しいオレンジ色の灯りを放ってくれ、独特な世界観を感じさせてくれます。


abbe0ba1d70634e0dfd84839ba614935_w.jpg

最新技術で再現したのがLEDフィラメント電球!!
白熱電球のネックであった高温の発熱が解消され、LEDフィラメント電球は真鍮を使用することによって贅沢感を演出しつつ、白熱電球に近い質感を実現してくれます。
それでいて消費電力は従来のフィラメント電球より低く抑えることが出来るので、省エネと見た目のおしゃれさを両立させたい方に特におすすめです。


お問い合わせはコチラ

新人井上による勉強の成果7(屋根の形状について)

こんにちは。スタッフの井上です。
今回は「屋根の形状について」お話していこうと思います。
屋根の形にもいろいろあるけれど...。
「どれが一番いいの?」、「形で何が変わるの?」
と思ったことがあるのではないでしょうか。
新築やリフォームでどんな屋根の形にすればいいのか、
少しでも理想に近づける参考になればいいなと思っています。

屋根の形には、たくさんの種類があり、
それぞれにメリット、デメリットがあります。
一般的な屋根の種類は全部で3種類あります。今回はその3種類を
紹介していきたいと思います。

一つ目は「切妻屋根」この形は現在日本で一番多い形になっています。
別名 三角屋根と呼ばれ、本を開いてひっくり返したような作りになっています。
和風の作り、洋風の作り、どちらにもマッチする作りになっています。
メリットとしては、構造がシンプルなので新築時の予算を抑えることができ、
建てたあとのメンテナンス費用も少なくて済むことです。
雨漏りなどの心配がもっとも少ない屋根の形でもあります。

デメリットが少ない形として人気が高く多くの住宅で採用されているので、
個性が出しづらいということ。
屋根が、かかっていない部分の外壁の劣化が早くなるという不安要素があること。
の二つがデメリットになります。

90520cdd4055bac2b943afbb186eb175_w.jpg

二つ目は「寄棟屋根」です。最上部の棟から4方向に勾配のある屋根の面がある形状を言います。
昔から親しまれている屋根の構造になっています。

メリットは、落ち着いた雰囲気の外観にできること。耐久性が高いこと。
四方向に軒があるため雨風や日差しから外壁を守りやすいことなどです。

デメリットは、屋根裏のスペースが狭くなること。ソーラーパネルが設置しにくいこと。
他に比べて形状が複雑なため手間がかかるのでメンテナンスコストが割高になってしまうこと。

431d21d27d58350ee150cea29835b078_w.jpg

三つ目は「片流れ屋根」近年、新築住宅でよく見かけるようになったのがこの形状です。
切妻屋根をちょうど半分にした、片面だけに傾斜があるタイプの屋根の形状になります。
屋根に継ぎ目がなく、ひとつの面だけで構成されています。
スタイリッシュなデザインに仕上げることができ、洋風の作りの建物に多く使われています。

メリットは、デザイン性が高く、シンプルな形状のため新築時の工事費用が安くなりやすいこと。
継ぎ目が少ないので雨漏りもしにくくメンテナンスもしやすいこと。
ソーラーパネルをたくさん設置しやすいこと。

デメリットは、一方向にだけ傾斜があるので、どうしても雨水や積雪が同じ場所に落ちてしまうこと
雨水の流れ道が一方向だけなので、雨どいが詰まってしまう可能性があるので、こまめな点検と
掃除が必要になってしまうことです。

add9602e673c17d0685bc461ac4393a9_w.jpg

今回は屋根の形状について話しました。ハウスメーカー、工務店などでは屋根の形状が
標準仕様で決まっている場合がほとんどです。屋根の形状を変えるのはオプション扱いになり
別途費用がかかります。なので、理想の家の実現のために屋根材や形状を決めて置きそれを
標準仕様であつかっている場所に相談することがおすすめです。

お問い合わせはコチラ

新人井上による勉強の成果6(屋根について)

こんにちは。スタッフの井上です。
今回は家の「 屋根 」についてお話ししたいと思います。
まず屋根の役割について。
まずひとつは、何と言っても雨から家を守ることです。
もし雨漏りがあると壁や柱が劣化してしまい
著しく家の寿命を縮めてしまいます。
もうひとつは、日差しのカットです。
強烈な日差しをさえぎることで影をつくり、
快適に過ごせる役割を持っています。

次は屋根材の種類をいくつか話していきたいと思います。

1つ目は、「 コロニアル 」です。
新築戸建で採用率が一番高いのが、コロニアルです。
メリットは、価格が安いこと、
色やデザインが豊富、防火性に優れていることです。
また、対応できる業者が多いのも利点です。
デメリットは、薄いセメント板であるため強度が弱く
5~10年ほどでひび割れが発生したり、塗装が剥げてくことが
ある事。濡れると乾きにくく、藻やコケが生えやすいこと。
凍害に弱く、寒冷地での使用に適さないなどがあげられます。

f26bc140e9c62dab88fa4dae3c2bbb6d_w.jpg

二つ目は、「 ガルバリウム鋼板 」です。
価格・耐用年数・性能などから現在の屋根材の中で総合力が高い事から
人気が上がってきている素材です。
個人的には一番おすすめです!
最大のメリットは、20~30年以上の長期にわたって高い防水性能を
発揮できることです。
他にも、軽量で耐震性に優れること。緩やかな勾配でも使用できるので
いろいろな屋根に使えることなどがあります。
デメリットは、
金属なので熱を伝えやすいこと、
傷やへこみに他に比べると弱いこと、
雨音などがが響きやすいと言われていること、
ことです。

a271a56927ab1e1abe261368201023a1_w.jpg

3つ目は「 瓦 」です。

メンテナスの際に瓦一枚変えるだけで済む、
塗り替えが必要ない、
など、メンテナンスが楽、費用がかからないことが
他の屋根材と比べた時のメリットになっています。
デメリットは、重いため地震に弱いこと。
屋根が重くなるため、他の屋根に比べて
必要な耐力壁が多くなります。
また、価格が高いことなどがあげられます。

31b54c9438ebba6af0886d9ba2109ad9_w.jpg

お問い合わせはコチラ